トップ

病気,うつ

うつ病という病気を治す 

うつ病は心の風邪と言われる病気ですが、そんな簡単なものではない場合もあります。症状も幅の広いものとして、治療法も様々です。薬物・精神・環境調整などがありますが、その中で精神療法の認知行動療法が効果的です。物事の受け取り方を工夫することで、楽な気持ちになったり、精神的負担を軽減するものです。この物事を捉える認知の行動をちょっとしたアドバイスで視点を変化させることで、自分を大きく変えるきっかけになります。うつ病は大雑把な病名として考えられる病気です。その中で、副作用も内認知行動療法は効果的だとされています。

うつ病の認知行動療法 

うつ病になってしまうと何をするにも、自信がない・やる気が起きない。外でパニックになってしまったらという不安からこもりがちになります。体の症状は、だるさ・体のある部分の痛み・胃腸障害・耳鳴りなど様々でこれらの症状からうつ病とわかるまで時間がかかるものですが薬を服用しながら、認知行動療法により改善できる病気です。自分はどういう事が嫌な事と感じたのか、それに対してどう行動し、どう思ったかを書き記していき、同様に嬉しいと感じた事など自分で認識していくうちに自信を取り戻して行けるのです。人に対して気を使い過ぎて知らぬ間に心の疲労を溜め込んでしまう真面目な方や、見かけはパワフルに見られている人ほど、自分が病気であると認識しにくいものですが、自分から受診しに行けた人なら完治・改善できると言われています。

うつ病に関する情報

新着情報