トップ / うつ病の原因について

病気,うつ

誤解されやすいうつ病という病気 

うつ病の原因はいろいろありますが、セロトニン不足が原因で起こることもあります。これは脳の神経伝達物質のひとつです。精神を安定させ、感情をコントロールする働きがあります。この病気の治療として、セロトニンを処方するだけで、症状が落ち着くこともあります。減少する要因も様々で、幼児期にあまりにもショックなことがあるだけでも、不足してしまうとされています。簡単に処方したら良いというのではなく、病気であることから、医師の診断の上、処方されて、治療することが大切です。うつ病は、何かと誤解されがちな病気とされていますが、このように単に脳内物質の不足や働きが悪いだけのケースもあります。

うつ病の原因に関して 

うつ病という病気の原因として、cが指摘されています。小腸や血液、脳などに存在する物質で、脳内においては神経の伝達を行い、気分の調整を行っています。この物質が脳内に少なくなると、やる気が出ない・悲観的になるといった症状が現れるのです。うつ病の原因となるセロトニン減少を防ぐ方法としてよく知られているのが日光を浴びることです。日光を浴びると睡眠ホルモンであるメラトニンが抑制されるのでこの病気の予防になるのです。日光でなくとも強い光を浴びることにも同様の効果があります。そのほかに「たんぱく質を含む食材を積極的にとる」「階段昇降などリズミカルな運動をする」等の方法に効果が期待できます。

うつ病に関する情報