トップ / うつ病の治療方法について

病気,うつ

うつ病の病気にSSRI 

SSRIとは、うつ病の病気に効くとされている抗うつ薬です。うつ病は、脳内にあるセロトニンが不足することで起こるとされていますが、その際に使用する薬はいろいろです。抗うつ薬はセロトニンなどが減少するのを防止するとされています。神経の伝達をスムーズに行うことで、機能が正常になることにより、うつ病が改善されるとされています。一般的な抗うつ薬とSSRIの大きな違いとして、セロトニンにだけ効果を発揮する部分です。ということは、副作用もなく、病気そのものが治っていくとされています。病気にとって薬は効くものとされていますが、どうしても副作用に悩まされることが多いです。その点、このような薬を服用することで、副作用の軽減が期待されています。

うつ病は抗うつ薬で治療できる 

人が心の病気になりますと気分が憂鬱になり、何事にもやる気がなくなってしまうという現象に陥ります。毎日人と会うのも嫌になり、会社へ行くこともできないような精神状態へとなっていくのです。そのような症状はうつ病の可能性が高いですので、専門家を受診して治療を開始することが望まれます。専門の医療機関を受診しますと病気の診断がされ、うつ病であればSSRI抗うつ薬が処方されますのでそれを服用して行くことによって症状が改善してくるのです。最近の抗うつ薬は、副作用がほとんど出ない安心なものが開発されてきています。

うつ病に関する情報