トップ / モノミアン仮説とうつ病

病気,うつ

うつ病の病気改善に新仮説 

うつ病の病気を語るとき、モノミアン仮説が言われています。これは、神経伝達物質であるノルアドレナリン,セロトニン,ドーパミンが不足するということです。これらの総称をモノミアンというのですが、不足してしまうことで、神経の伝達がうまくいかないとされています。しかし、仮説という部分において、まだ解明できていないことが言われていて、うつ病の病気の特効薬が存在しない現実があります。ただ、モノミアン仮説については、これから研究が進んでいくとされています。現在は不透明というべきことですが、これからの展開によっては、モノミアン仮説が証明されることによって、病気そのものが劇的に改善されると期待されています。

モノミアン仮説とうつ病の関係 

うつ病は心の病気といわれていますが、本人の意思等に関係なく、脳内物質の欠如や不足によって起こるとという見方が一般的です。そのうちの一つ、モノミアン仮説は、脳内物質として主要なものである、セロトニン、ドーパミン、ノルアドレナリンが不足することでうつ病が発症するという仮説です。モノミアンとはこの3つの化学物質の総称で、高血圧の薬を服用するとモノミアンが不足し、うつ症状を引き起こした事例があり、また脳内の神経物質を増やす作用のある抗うつ剤の発見により、この仮説がうまれるようになりました。最近ではこの説以外の説も出てきていますが、うつという病気の解明について一助を担う仮説の一つです。

うつ病に関する情報