トップ / 歯周病にならないために

歯周病の予防方法について 

歯周病は約8割の人が、なっている歯の病気です。酷くなると虫歯になり、最悪の場合は手がつけられなくなり、抜歯をするしかなくなります。そうならないためにも、未然に防止することが大切です。正しいブラッシングはもちろんですが、お勧めは定期検診です。自分では歯の状態が分からないので定期検診で診てもらうことによって、現在の歯の状態がはっきり分かります。歯周病や虫歯にならないためにも、半年に一回の割合で、定期検診に行くのが、お勧めです。そのぐらいの割合で診てもらえば、歯をクリーンに保つことが出来ます。

うつ病に関する情報